全身全霊ライフ

現在人間不信に陥っているサラリーマンブログです。

転職サイト DUDAを利用してわかった事

f:id:junh555:20180531001852j:plain
僕は転職を三回してます。

転職する時は今の自分の環境を変えたいとか、もっと休みがほしい、もっと給料をあげたい、そして自分をスキルアップしたい等色々理由はあると思います。


僕の場合は1回目、二回目の転職の時はハローワークに通って就職しました。

ハローワークでは、専属のアドバイザーが求人票を山のように積んでどうですか?と言われて、かなり自分の感覚で応募する事が多かったです。


細かいアドバイス的な事はあまり言ってもらえなかった記憶があります。


ようやく内定が出た企業に入社するか悩んでいた時に、『これは縁ものだからもう入社したらどうですか?』と言われて入社するに至りました。


ハローワークは無料で登録でき、本当に企業が人を求めて出しているか本気度合いがわからないとこもあります。



ここから本題です。


Dudaはネットやテレビでよく見かけますが、広告を出すだけあってそれなりにフォローや情報提供、面接トレーニングをやってくれます。

【流れとして】
先ず転職コンサルタントと面談し、これまでの自分の経歴や強み、そして転職する時の自分の軸を定めて、求人票を紹介してもらいます。


そして職務経歴書を添削してもらい、これまで書いていたものをブラシュアップしてくれます。


Dudaの求人は実際に書類選考でまず落としてから面接をやる企業が多かったのですが、添削してもらってからは書類選考の通過率が高くなりました。


そして早く就職したい場合は1日2件、すなわち午前と午後にわけて受けていく事があります。



システム的には、本命で受ける企業がある場合、Dudaの営業担当に企業のポイント等を教えてもらってから面接するので、安心感や自信はでてきます‼️

僕はそのお陰でセブンイレブンのスーパーバイザーの面接試験に合格しました。
しかし、webのテストが悪かったのか不採用になりました。


Dudaのコンサルタントは、かなり親身になってくれますので、転職を特に急いでしないといけない時はオススメの会社です。


動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説